「朝生」の古いビデオ

| | trackback(0)

昔の古い「朝生」の動画に懐かしい在日の辛スゴが出ていて、「在日は日本人が韓国人を強姦して生まれた人々」だと言い切っている!
これが善意の日本人の贖罪意識を煽り、自己の名前を売り、カネを手にいれた「朝日新聞労組ご推薦」の女詐欺師の姿である。在日なら何を言ってもいい。そんな時代のカリカチュアが辛の存在だった。

●昨今、レイシズム批判を叫ぶ人たちがいる。だが、彼らは発言の大前提として、日本軍が朝鮮の女を暴力的に拉致し、娼婦にしたという韓国サイドの言い分について自己の見解をあきらかにすべきではないのか。

●日本社会の草の根から噴出する韓国と在日に対する批判のマグマ。その背景には、これまで「連帯」、あるいは「共生」と称しつつ、嘘であれなんであれ、辛スゴのような韓国・朝鮮人の言説に無条件に迎合してきた日本人の存在があり、
そうした「言論人」たちへの怒りと不信がここに来て、一気に広がっていることも一因なのである。戦後長く封印されてきた日本人の民族的感情。だがパンドラの筺はついに開いてしまった。気づくべきはこのことであり、相手に向かって単に「レイシスト」とレッテルを張るだけで済む話ではない。

●繰り返す。
歴史を語る際の大前提であるファクトを尊重することもなく、安易に朝鮮人の排外的ナショナリズムに拝跪しただけの「言論人」たち。彼らはいまや、事実を武器に反論を始めた日本人の広範な対抗ナショナリズムの標的にされてしまった。これは漫画である。メディアの側が市民の突きつける事実の前に沈黙し、防戦一方、ひたすら、相手へのレッテル張りに追われているという情けなさ。素人相手にファクトで反論できない「ジャーナリスト」とは一体なんなのだろうか。
寿司もまともに握れないのに寿司屋の看板を出すべきではない。

●間われているのは「朝鮮人を殺せ!」という乱暴なスローガンに留まるものではない。日本国民のなかにある在特会への批判。これは理解できるものであり、言葉の暴力性は批判されていい。だが、同時にそこに、もうひとつ、マスコミ批判と不信が同居していることも承認すべきなのである。それでなければ、今回もまた表面的な綺麗ごとだけの話で終わり、問題の真の解決にはならないだろう。

●今のワイドショーや報道番組を見ればいい。
スタジオでのゲストたちの予定調和なコメントと番組最後の視聴者アンケートの落差は可哀想なほどである。
彼ら「言論人」たちのコトバは浮いており、すでに賞味期限は切れている。メディアは日本人のナショナリズムを舐めていたのではないのか。11年前の北朝鮮の日本人拉致事件の発覚がターニング・ポイントだったのに。

●「朝生」は罪深い。かつては、ゲストに中国人民解放軍のインテリジェンスまでが登場していたからだ。スパイが出演していたのである。この中国人は横田基地で米軍の情報収集をし、その後本国に逃亡した人物だったが、ナント、番組では、日本人に向かって「歴史の反省が足りない!」と非難を加えたのであった。
中国のスパイが日本のテレビで、画面の前にいる日本人視聴者をぼろくそにバッシングする光景。
そればかりではない。なさけないのは、辛スゴの時と同じように、それを贖罪派「文化人」たちがうなずきながらひたすら聞き入っていたことだ。


●「鬼っ子」在特会は韓国・中国のナショナリズムをひたすら肯定し、他方、日本人の正当な愛国心を何か危険で、怖いものであるかのように演出してきた朝日新聞的言説、さらに、事実と言う武器を捨てて、ひたすら「贖罪」感にだけ身を任せた「言論人」たちが生み出したものなのである。報道と国民の間の信頼の乖離。だが、事ここに至ってもマスコミからは胸に手をあてて、自己の犯した過ちを真摯に反省するという姿勢はうかがえない。
在特会とは鏡に映ったメディアの姿である。





上記の西尾幹二さんをゲストに迎えてのNLC講演会は、3月20日に行われたものですが、この時点で既に、青木が「中国がTPPに参加する可能性はある」という指摘とその根拠を語っています。
全編の収録時間は、2時間40分。
DVDのお求めは、http://nlc.trycomp.com から。





■ニューズレター・チャイナの詳細・お申し込みは、http://aoki.trycomp.com/NL/ から。










« 中国とTPP | HOME | NLC Vol.205を配信しました。»


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「朝生」の古いビデオ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://aoki.trycomp.com/mt/mt-tb-aoki.cgi/845






定例講演会のお知らせ
------------------------
2015年2月15日(日)
午後6時10分から
文京シビック・スカイホール
参加費:5,000円
予約不要・どなたでもご参加いただけます。


2月22日(日)
午後1時半〜
長岡市 アオーレ長岡市民交流ホールB/C
参加費用 2000円
主催 アジア経済研究会にいがた




・ニューズレター詳細・お申込
・配信が届かない場合
・登録アドレスの変更












Blog内検索


アーカイブ

講演依頼


青木直人への講演依頼は、こちらからお申し込みください。