25年という歳月

| | trackback(0)

●天安門事件から25年。歳月の経過は早い。
いま、メディアには様々な回顧と総括があふれている。だが最も論じられるべきは徹底的に民主化をつぶした中国がこの25年の間に米国と並ぶ世界第2位の経済大国に登りつめたという事実である。民主なき経済成長は可能なのだ。
成長の秘密は鄧小平がグローバルな国際資本を世界1受け入れてきたことにある。他方国際的資本が中国に殺到したのはそこが労働争議も、賃上げもない共産党1党独裁の国だったことも大きな要因だった。

●民主なき中国が日本を超え、経済大国になり、民主なき中国に国際マネーが殺到した。グローバル経済の時代は資本主義経済と政治的民主制度が成長と繁栄のための源泉であるという古典的な常識を裏切る。
中国の成長という実績は中央アジア、アフリカなど新興国の生きたサンプルでもある。習近平が中国主導の世界的融資機関を設立すると意気込みのもこのことが背景にある。

●資本は社会の混乱や動乱を最も嫌う。安定こそが最重要である。近年、日系企業の対中国進出が激減しているのは反日など中国の社会情勢も一因だ。
この25年間、民主はなくても、安定はあった。それが力によるものであったとしても、である。6・4の総括とはこの成長と民主の方程式=アポリア(難題)に回答することではないのだろうか。






■ニューズレター・チャイナの詳細・お申し込みは、http://aoki.trycomp.com/NL/ から。










« 22日の講演について | HOME | 「みんな違った外れっ子」»


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 25年という歳月

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://aoki.trycomp.com/mt/mt-tb-aoki.cgi/959






定例講演会のお知らせ
------------------------
2015年2月15日(日)
午後6時10分から
文京シビック・スカイホール
参加費:5,000円
予約不要・どなたでもご参加いただけます。


2月22日(日)
午後1時半〜
長岡市 アオーレ長岡市民交流ホールB/C
参加費用 2000円
主催 アジア経済研究会にいがた




・ニューズレター詳細・お申込
・配信が届かない場合
・登録アドレスの変更












Blog内検索


アーカイブ

講演依頼


青木直人への講演依頼は、こちらからお申し込みください。