DVD Vol.44が完成しました。

| | trackback(0)

11月7日正午、ニューズレター・チャイナVol.273を配信しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
資本輸出と経済腐敗
〜国家計画委員会摘発の次のターゲットは海外プロジェクト絡み?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お手元に届いているかご確認ください。
(以上、追記)

-----------------------------




「APEC以後の日中関係」
2014年10月12日に行われた青木直人講演会
収録時間2時間16分。販売価格5,000円。

お求めは、http://nlc.trycomp.com

●12日(日)の講演会は「APEC以後の日中関係」をテーマにします。なかでもポイントは経済の行方です。
こうした話をしたいと思ったのは、中国の不動産バブルが崩壊過程にあり、その結果、明日にでも中華人民共和国と言う国家や14億人が住む中国社会が瓦解するかのような錯覚が一部に広がりつつあるからです。多大な混乱はありうる。だが、それは「崩壊」でありません。


●中国が好きか嫌いかという感情とは別に、これから日本と中国の経済関係がどこに向かうのかを正確に把握する必要があります。日本企業の対中国投資が前年度と比較して50%近くダウンしていますが、この数字は何を意味しているのか、単純な撤退論と見るべきなのかどうか。この動きは新たな主役の交代劇を暗示するものではないのか。


●榊原経団連が新しく発足しました。新会長は安倍総理とも親しい財界人です。彼の中国批判が一部で話題になっています。他方、中国では李克強首相のもと、2016年から始まる次期5カ年計画の中身の検討が始まりました。二つの「点」がどこかの地点でクロスする可能性はないのでしょうか。


●最近は中国ビジネスに関わっている中小企業のオーナーやビジネスマンの方を講演会場でお見かけすることが増えています。NLCはイデオロギーではなく、ファクトに基づいた正確な予想を続けていきたいと考えています。

お求めは、http://nlc.trycomp.com












« 「日朝正常化の密約」・誰も知らない日朝平壌宣言の亡国 | HOME | 日中首脳会談と言う試金石»


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: DVD Vol.44が完成しました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://aoki.trycomp.com/mt/mt-tb-aoki.cgi/987






定例講演会のお知らせ
------------------------
2015年2月15日(日)
午後6時10分から
文京シビック・スカイホール
参加費:5,000円
予約不要・どなたでもご参加いただけます。


2月22日(日)
午後1時半〜
長岡市 アオーレ長岡市民交流ホールB/C
参加費用 2000円
主催 アジア経済研究会にいがた




・ニューズレター詳細・お申込
・配信が届かない場合
・登録アドレスの変更












Blog内検索


アーカイブ

講演依頼


青木直人への講演依頼は、こちらからお申し込みください。