講演のご招待

| | trackback(0)

11月21日、午後10時半、ニューズレター・チャイナVol.275を配信しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
田原総一郎と古市憲寿「尖閣よりもビジネス」の無残
〜対中投資半減という日中「ビジネス」とチャイナリスク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お手元に届いているかご確認ください。

■ニューズレター・チャイナが配信されないという場合は、http://aoki.trycomp.com/NL/haisin.html からご連絡下さい。

(以上、追記)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


年の終わりに、政局が慌ただしくなりました。沖縄知事選では「オール沖縄」を主張する翁長候補が当選、12月には総選挙が行われる方向です。

これに加えて来年は終戦70周年と言う歴史的記念の年になります。当然中国や韓国は国を挙げて歴史カードを武器に、大々的な国際的な反日外交を米国や欧州を巻き込んで展開することになります。

日本の総選挙が予定されている12月14日の前日は今年初めて中国政府が国家記念日に制定した「南京虐殺国家哀悼日」でもあります。また来年9月3日には「抗日戦争勝利日70周年」の一大イベントも予定されています。

こうした動きは政治的に対立しつつ、同時に経済的相互依存関係にある中国政府と日本の経済界にとっても重大な試金石であり、「反日」と言う「民意」をどう管理していくのかが中国政府にとって最大の外交的課題になるでしょう。

また香港の総督選挙をめぐる市民の対中不信は「1国家2制度」の持つ欺瞞性を白日の下にあきらかにし、台湾関係にも影響を与えています。

他方、日本は日本で、来年8月15日、安倍総理が戦後70年の歴史談話を出すことを予定しています。
こうしたもろもろの事態を踏まえ、当日は安倍政権の行方と世界の動向を中心にお話しさせていただきます。

11月16日
青木直人


------------------------------------------------------------
11月23日(日)
午後6時から
文京シビック・スカイホール(26階)
参加費:5,000円
予約不要・どなたでもご参加いただけます。




« 日中首脳会談と言う試金石 | HOME | 最後の講演あれこれ»


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 講演のご招待

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://aoki.trycomp.com/mt/mt-tb-aoki.cgi/989






定例講演会のお知らせ
------------------------
2015年2月15日(日)
午後6時10分から
文京シビック・スカイホール
参加費:5,000円
予約不要・どなたでもご参加いただけます。


2月22日(日)
午後1時半〜
長岡市 アオーレ長岡市民交流ホールB/C
参加費用 2000円
主催 アジア経済研究会にいがた




・ニューズレター詳細・お申込
・配信が届かない場合
・登録アドレスの変更












Blog内検索


アーカイブ

講演依頼


青木直人への講演依頼は、こちらからお申し込みください。