2月の講演会について

■ニューズレター・チャイナが配信されないという場合は、http://aoki.trycomp.com/NL/haisin.html からご連絡下さい。

(以上、18日、追記)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●先日、1月の講演が終わったばかりなのに、慌ただしい話ですが、次回の講演会は2月15日(日)午後6時から文京シビックセンターのスカイホールで行います。
時間が日曜日の夜という必ずしもベストな条件ではないのですが、ご了承ください。

●11日の講演会でも取り上げたように、フランスの週刊誌襲撃事件は経済のグローバル化がキリスト教とイスラム教の宗教対立を暴力的な形で表面化させ、その根底にある「文明の衝突」を垣間見せました。
さらにEUの分裂も経済の「統一」が逆に各国間の経済矛盾を拡大させ、そのことによって、加盟国内部で高揚しつつあるナショナリズムがEU間の不調和音を高めるという悪循環に入ってしまったのです。
なんのことはない。「国際化」や「共生文化」という美名で粉飾されてきた異民族の共存はそれぞれがアイデンティーとして保持している歴史的文化的価値観によって根底から動揺を始めているのです。
これが動乱の始まりでないはずがなく、こうした世界の潮流と日本が無関係であるわけがない。
こんな問題意識をベースに解説した今年の世界と日本の予想については近々中に発売されるDVDを参考にしてください。

●で、2月の講演のテーマは「米中関係の実相~『金融同盟』の主役たち」です。米国と中国の金融マフィアの正体と両国のキーパーソンについてお話します。この分野を実態的に解明しておくことが日本にとって、なんとしても必要です。
1月14日
青木直人

————————————————————-
●NLC定例講演会
「米中関係の実相~『金融同盟』の主役たち」
2015年2月15日(日)午後6時10分〜
文京シビック・スカイホール
参加費:5000円